本文へジャンプ

概要・設備・沿革について

本園の概要

 本施設(横町さくら保育園)の概要につきましてご紹介いたします。(平成23年4月現在)

施設名称 横町さくら保育園(よこまちさくらほいくえん)
施設長 園長 井上 妙子
開園日 昭和54年 4月 1日
施設所在地 宮崎県宮崎市大字恒久字西原5155番地1
定員 120名(園児の受入限度150名まで)
職員 24名(うち保育士19名)
開園時間 7:00~20:00(18:00~20:00は延長保育)

本法人及び本園の沿革

 本法人(社会福祉法人桜裕会)及び本施設(横町さくら保育園)のあゆみをご紹介いたします。(平成23年4月現在)

昭和53年10月
社会福祉法人横町さくら福祉会の法人設立認可を受けて、宮崎市大字恒久字西原5125番地において横町さくら保育園園舎建設を始める。
昭和54年 3月
園舎(鉄骨ブロック造2階建)完成。
昭和54年 4月
横町さくら保育園(定員60名)を開園する。
平成12年 6月
厚生労働省及び宮崎市より社会福祉施設(老朽民間施設)整備事業の指定を受け、新園舎建設にとりかかる。
平成13年 3月
現在の場所(宮崎市大字恒久字西原5155番地1)に新園舎(鉄筋コンクリート造2階建)完成。 移転する。
平成15年 4月
定員を60名から90名へ増員する。
平成16年 8月
定員増にともない、園庭(運動場)の拡張(約200㎡)、整備を行う。
平成18年 6月
厚生労働省及び宮崎市より、宮崎県で最初の身体障害者福祉工場の設置認可を受ける。同時に、社会福祉施設整備事業の指定を受け、(仮称)宮崎身体障害者福祉工場の施設整備にとりかかる。
平成19年 4月
宮崎市大字本郷北方字鵜戸尾2717番地4にパッケージ印刷・紙器加工を行う福祉工場(障害福祉サービス事業所 サクラプリンテック(就労継続支援A型))が完成。障害福祉事業参入を機に、法人名称を『社会福祉法人 桜裕会』へ変更する。
平成22年 4月
清武町との市町村合併に伴い定員を90名から120名へ増員する。
平成22年 12月
平成22年度安心こども基金補助により、園舎の一部改装(1F東沐浴室増築、2F南トイレ、倉庫、及びスライディングウォール改装)を行う。
平成23年 4月
開園以来33年目を迎え、卒園児490名を超え、現在にいたる。

本園の施設設備について

 現在の園舎(平成13年4月完成、平成22年12月一部改装)の概略をご紹介いたします。

用地面積
1610㎡(約488坪)
建築面積
610㎡
延べ床面積
963㎡(1階 530㎡ 2階 433㎡)
構造
鉄筋コンクリート造 2階建
部屋の内訳
乳児室1 調乳室1 保育室6 多目的ホール(1階2階吹き抜け)1 給食室1 職員休憩室2 トイレ6 事務室1 倉庫2
設備の内容
全室(廊下、ホールを含む)冷暖房完備 太陽光発電(ソーラーシステム)設備 トイレには自動洗浄センサー全完備 1歳児専用の乳児用便座 夜間照明用水銀灯3基設置 玄関の足元を照らすフットライト2基設置 ロケット&惑星型オリジナル大型園庭遊具 夜間に光るネオン看板etc. ...その他、県内屈指の最新設備満載の充実した保育施設です。
  • 太陽光発電(ソーラーシステム)

    太陽光発電(ソーラーシステム)

  • ロケット&惑星型オリジナル大型園庭遊具

    ロケット&惑星型オリジナル大型園庭遊具

  • 夜間18時から22時まで点灯しているネオン看板

    18時~22時まで点灯しているネオン看板

ページの先頭へ戻る