本文へジャンプ

苦情・相談に対する対応・情報公開について

苦情・相談について

 社会福祉法人 桜裕会 横町さくら保育園では、社会福祉法第82条の規定により、利用者からの苦情・相談に適切に対応する体制を整えることと致しました。 本園における苦情解決責任者、苦情受付担当者及び第三者委員を下記により設置し、苦情解決に努めることと致しましたので、お知らせいたします。

1.苦情解決責任者
社会福祉法人 桜裕会 横町さくら保育園 園長 井上 妙子
2.苦情受付担当者
社会福祉法人 桜裕会 横町さくら保育園 主任保育士 南村 有香
3.第三者委員
(1) 社会福祉法人 桜裕会 監事 河野 信幸
(2) 主任児童委員 後藤 トミ子
4.苦情解決の方法

(1)苦情の受付

 苦情は、面接、電話、書面 、このWeb上のフォームメールにより、苦情受付担当者が随時受け付けます。 なお、第三者委員に直接苦情を申し出ることもできます。

(2)苦情の受付報告・確認

 苦情受付担当者が受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。 第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

(3)苦情解決のための話し合い

 苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。 その際、苦情申出人は第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。
ア.第三者委員による苦情内容の確認
イ.第三者委員による解決案の調整、助言
ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認
(4)都道府県『運営化適正委員会』の紹介
 本園で解決できない苦情は、宮崎県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会(宮崎県福祉サービス運営適正化委員会 TEL 0985-22-3145)に申し立てることができます。

ご意見・ご要望の解決のための仕組みについて





   
  • ※1 保護者の求めに応じて報告します。
  • ※2 責任者の段階の相談で納得いかない場合は、第三者委員に直接相談し、話し合いへの立会い・助言を求めることができます。
  • ※3 意見・要望等の内容の確認・報告を受けた旨の通知を行います。
  • *相談解決の結果(改善事項)は口頭もしくは文書で責任者よりご報告申し上げます。
  • *以上の仕組みで解説できないご意見・ご要望は、宮崎県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会(宮崎県福祉サービス運営適正化委員会TEL0985-22-3145)に申し立てることもできます。

ご意見、ご要望の相談における際の第三者委員の役割について

1.第三者委員の役割
 ご意見、ご要望の受付担当者や責任者との話し合いだけでは納得いかない場合には、第三者の立場にある「第三者委員」が話し合いに立ち会い、必要な助言を致します。
2.第三者委員の職務
・ご意見、ご要望の相談解決への立ち会い、助言
・ご意見、ご要望の直接受付
・相談内容受けた旨の保護者(当事者)への通知
・責任者よりご意見、ご要望の改善状況について報告を受け、また保育園の日常的な状況を把握します。
3.第三者委員の立ち会いによる話し合いの方法
・第三者委員によるご意見、ご要望の内容の確認
・第三者委員による解決案の調整、助言
・話し合いの結果や改善事項などの確認

平成28年度の苦情解決の内容・解決結果について

 平成28年度 苦情の申し出はありませんでした。

平成27年度の苦情解決の内容・解決結果について

 平成27年度 苦情の申し出はありませんでした。

平成26年度の苦情解決の内容・解決結果について

 平成26年度 苦情の申し出はありませんでした。

平成25年度の苦情解決の内容・解決結果について

 平成25年度 苦情の申し出はありませんでした。

1.ケアの内容に関する事項
【苦情の内容】
・登園が遅くなる事が多いが、送迎時の職員の態度や挨拶に不快感を感じることがある。
・「こうしてほしい」と職員に要望を出した際、対応が悪く、不快感を感じた。
【申出人の希望等】
・自分の子どもが在籍しているクラス以外の職員にも(直接的な係わりはあまりなくとも)園全体で挨拶や誠意ある対応をとってもらいたい。
【園の対応】
・職員会時に苦情内容を職員に伝えると共に指導を行った。
2.ケアの内容に関する事項
【苦情の内容】
・つかまり立ちを盛んにするようになり、それに伴い、転んだりすることも増え、怪我が続いている。どこで、どのようにできた傷なのか、職員がきちんと説明できなかったことで「ちゃんとみてもらっているのだろうか?」と不信感を感じた。
【申出人の希望等】
・子どもたちを常に見ていてもらいたい。
・どんな時にできた傷なのか、説明が欲しい。
【園の対応】
・つかまり立ち~歩行と、運動の発達が著しい時期の子どもたちを見守る職員は、常に連携を取りながら、子どもたちの行動を予測し、安全に活動ができるよう、十分に配慮するよう職員全体へ申し伝えを行った。
・保護者の方と面談を行い、この件に関して謝罪を行い、その時の状況について詳しく説明を行い、了解を得た。

情報公開について

 法人及び各施設の情報公開を行います。法人及び各事業の年度決算関係書類につきましては、WAM.NETにて公開しております。

・法人定款(PDF)
・役員等報酬及び費用に関する規程(PDF)
・役員等名簿(PDF)

ページの先頭へ戻る