本文へジャンプ

入園までの流れ

はじめに...

かわいい、かわいい、お子さんを初めて保育園に預けることは、すご~く不安ですよねぇ。一番最初のお子さんなら、なおさらのこと...。ご両親も不安いっぱい!!
...でも、ご安心下さい。このHPをご覧になっているおとうさん、おかあさん方に、すこしでも保育園について理解して頂き、保育園へ入園するにあたって、お役に立てる情報をご提供したいと思います。

保育園は誰でも入れないの?!

保育園とは、保護者の方がお仕事していたり、あるいは病気に罹っているために、家庭において十分に保育ができない子どもさんを、保護者の方にかわって、保育をすることを目的とした施設です。
ですから、『保育に欠ける状態にある乳幼児』しか入園できないことになっています。ちなみに、入園の可否を判断するのは、保育園ではなく、市町村(ここでは宮崎市を指します。)です。
そのため、宮崎市は、市内の認可保育園 (もちろん横町さくら保育園も含まれます。) に入園するためには、宮崎市の定めた条例の要件を満たした方にのみ、入園を許可しています。
誰でも希望すればすぐ入れる訳ではありません。(ここが幼稚園と最も違うところです。)
以下に 『宮崎市保育の実施に関する条例』 の一部を掲載しますのでご参照ください。

保育の実施基準 宮崎市保育の実施に関する条例(一部抜粋)

保育の実施は、児童の保護者のいずれもが次の各号のいずれかに該当することにより当該児童を保有することが出来ないと認められる場合であって、かつ、同居の親族その他の者が当該児童を保育することができないと認められる場合に行うものとする。

  1. 居宅外で労働することを常態としていること。
  2. 居宅内で当該児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としていること。
  3. 妊娠中であるか、又は出産後間がないこと。
  4. 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
  5. 長期にわたり疾病の状態にある同居の親族、又は精神若しくは身体に障害を有する同居の親族を常時介護していること。
  6. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
  7. 前各号に類すると市長が認める状態にあること。

入園までのおおまかな流れ

上記の要件確認はお済みでしょうか?該当する事項があれば、保育所を利用できる状態にあるといえます。次のステップに移りましょう。

まずはじめに、大まかな入園までのおおまかな流れについて把握しておきましょう!

  1. まずは、保育園を見学してみましょう!!
  2. 入園したい保育園が決まったら、必要な書類を手に入れ、書類に書き込みましょう。
  3. 書類提出の時に、市役所で面接があります。
  4. 入園が決まったら、保育園から入園決定の連絡があります。
  5. 保育園と事前に受け入れの打合せがあります。

(見たい項目をクリックすると、詳細な説明へジャンプします。)

...以上の手続きを経て、晴れて入園となります。がんばりましょう!!

ページの先頭へ戻る