本文へジャンプ

子育て支援

横町さくら保育園では、平成13年10月より約3年半、子育てに真っ最中のお母さん方を対象に『子そだて支援教室』を開催して参りました。 これまでにたくさんの乳幼児や保護者の方々にご利用いただきまして、本当にありがとうございました。

この度3年を経過致しましたので、今後の子育て支援事業のあり方につきまして園内で検討いたしました結果、当初の目的を達成したと判断いたしまして、従来の直接支援(園が中心となって保育活動と展開する)型を終了させていただき、新たに平成17年5月からは、間接支援(子育てグループの支援)型へ移行させていただくことなりました。

今後とも子育て支援事業につきまして一層のご理解ご協力を賜りますようよろしくお願い致します。

子育て支援事業における『間接支援』とは?

子育てグループの支援

支援目的:地域の親子をつないだり、グループの活性化、継続の支援を行う。
子育てサークル等親の自主的なグループを作ったり、すでにあるグループを育てたり、側面的に支援いたします。 あくまでも保護者が主体的な活動を展開するなかで、保育士は、そのグループ内での取り組みの内容へのヒントを与えたり、グループ活動が継続可能になるようにサポートいたします。

子育てのネットワーク作成支援

支援目的:サークルとサークルを繋ぐ...子育てサークルのネットワーク作りを支援すると共に、地域の機関を交えてのネットワークへと、より発展させる。
子育てサークル同士をつなぐ事でリーダーの悩みを共有する場を持ち、負担軽減を図ったり、サークル間のサポートをいたします。 またサークル間、サークルと保育所の関係に終らせないで、地域の児童委員、学校、福祉機関、保健機関、自治会や婦人会等も巻き込んで地域としてのネットワークにしていくことで、地域に子育て現場に対する理解を得て、地域ぐるみでの子育て支援体制を築いていきくようにサポートいたします。

場所の提供

支援目的:安心して遊べる場所、集まれる場がないというサークルに場所の提供を行うことで援助する。
集まる場所がなくて困っているサークルに対して、ホールや運動場などを提供するなど保育所のハード面の提供を行います。 (運営は、保護者の方たちの自主的な形です。)

子育て支援事業に対するお問い合わせやご相談は

本園の子育て支援事業に対するお問い合わせやご相談等は、「お問い合わせ」ページよりお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る