本文へジャンプ

保育方針・保育の内容

本園の保育方針について

よこまちさくらほいくえんでは、『子どもひとりひとりが自主自立の生活力を身につける』ことを保育の最終目標と位置づけ、保育実践の現場にモンテッソーリ教育を導入しています。

そして、保育園での生活を通して、最終的には、このようなこどもたち(人間)に育ってほしいと願っています。

  • 自立していて、有能で、責任感と思いやりがあり、一生涯を通じて学びつづける姿勢を持った人間
  • どのような場でも、自分を表現できるような精神的強さを持った人間

以下、ちょっと表現が難いですが、参考までに本園の保育の基本情報を公開しておきます。さらに横町さくら保育園の保育を深くご理解する上で、参考になさってください。

横町さくら保育園の保育理念
社会福祉法人 社会福祉法人 桜裕会 横町さくら保育園(以下単に『保育園』という。)は、児童福祉法に基づき保育に欠ける乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設である。
したがって、保育園における保育は、ここに入所する乳幼児の最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものでなければならない。
横町さくら保育園の基本方針
保育園は、乳幼児が、生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごすところである。
保育園における保育の基本は、家庭や地域社会と連携を図り、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行い、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図るところにある。
そのために、養護と教育が一体となって、豊かな人間性を持った子どもを育成するところに保育園における保育の特性がある。
また、子どもを取り巻く環境の変化に対応して、保育園には地域における子育て支援のために、乳幼児などの保育に関する相談に応じ、助言するなどの社会的役割も必要となってきている。
このような理念や状況に基づいて、本園の保育は展開することとする。
横町さくら保育園の保育目標
子どもは豊かに伸びていく可能性をそのうちに秘めている。その子どもが、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことが保育の目標である。
このため、保育は次の諸事項を目指して行う。
  • ア.十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること。
  • イ.健康、安全など生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培うこと。
  • ウ.人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに、自主、協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。
  • エ.十分に養護の行き届いた環境の下に、くつろいだ雰囲気の中で子どもの様々な欲求を適切に満たし、生命の保持及び情緒の安定を図ること。
  • オ.生活の中で、言葉への興味や関心を育て、喜んで話したり、聞いたりする態度や豊かな言葉を養うこと。
  • カ.様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培うこと。

保育園の一日の流れ

クラス 3歳以上児クラス 2歳児 0・1歳児
時間 5歳児・4歳児 3歳児
7:00 開園・視診・室内遊び
8:30 朝の身支度 室内遊び
9:00 おしごとの時間 園全体での行事など おしごとの時間
9:30
おやつ
10:30 戸外遊び 戸外遊び
11:00 給食
11:30 給食の準備 給食 午睡準備
12:00 給食 午睡準備 午睡
12:30 清掃 午睡準備 午睡
13:00 午睡
13:30 午後保育
15:00 おやつ
16:00 帰り支度・戸外あそび・降園 帰り支度・降園
16:30
18:00 延長保育開始
20:00 延長保育終了・閉園

(ご注意)
* 季節や行事等によって時間が変更になる場合があります。予めご了承ください。

給食について

10時のおやつ(3歳未満児のみ)、15時のおやつ(全員)
10時のおやつは、牛乳や軽いお菓子、果物などを、15時のおやつでは、栄養のバランスを考えた手作りおやつやミルク等を用意致します。
お昼の給食
3歳未満児の主食はごはん又は、パンを園が用意致します。(3歳以上児は、白ご飯をご持参ください)おかずは、宮崎市の栄養士によって計算された幼児期に必要な栄養をバランスよく取り入れた給食で、毎日ホカホカ出来立ての家庭の味です。
お誕生会での給食
毎月のお誕生会では、たくさんのご馳走があります。
手作り愛情弁当デー
4月から翌3月までの月1回、全園児お母さんの手作り弁当の日を設けております。ご協力よろしくお願い致します。(但し、遠足のある月は除きます)
乳児(0歳児)の離乳食について
0歳児の離乳食期は子どもの食生活の大切な出発点です。家庭との連絡を密に取りながら、じっくり進めていきたいと思います。細かなことでもかまいませんので、園長や主任保育士、クラス担任までご相談ください。
食物アレルギーによるアレルゲン除去食について
たまご、牛乳、大豆、そばなどの食物を摂取することによってアレルギー症状(アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎など)をひき起こす危険があると診断された(専門医による診断書が必要です。)場合は、要因(アレルゲン)となる食品を除いた給食(アレルゲン除去食)を提供いたしております。お子様にアレルギー症状の心配のある方は、遠慮なく園長や主任保育士、クラス担任までご相談ください。

ページの先頭へ戻る